FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かなでおん2011忘年会


!!
クリスマスが終わると一気に年の瀬モードですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

くじびきによる練習日記以外の記事は、基本的に広報担当()のユウコ(Dola)がお届けしています。
※Twitterアカウント(@kanadeon)の中の人もユウコですぜひフォローをお願いします。

さて、前回記事では2011年最後の練習の模様をお届けしましたが、本日はその後に行われた忘年会の様子を少しお届けします。

今年は多くの人にとって忘れがたい1年であったことと思います。

東日本大震災、福島原発事故、台風被害……

かなでおんが拠点とする長野県松本市でも6月末にやや大きな地震があり、第1回定期演奏会という記念すべき演奏会の会場変更を余儀なくされ、順風満帆とはいえない船出となりました。

気持ちを揺さぶられるできごとが続く中、あらためて音楽を楽しむことの尊さを実感した1年でした。かなでおんはおかげさまで多くの方々から支えられ、なんとか第1回定期演奏会という船出を果たし、次の一歩、第2回定期演奏会に向けて動き出すことができました。これまで出会ってきたご縁を思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。

まだまだ小船で大海に漕ぎ出したようなあやういところのあるかなでおんではありますが、数々の出会いと縁と経験を大切に、マンドリン音楽、ひいては音楽というものの楽しさを、多くの方に届けられるようになりたいです。そしてそのような活動全てを、"せいいっぱい楽しんで"やっていけるといいですね。自分で創り出した楽しさは、きっと多くの人に伝わるものだと思います。

前置きが長くなりましたが、みんなそんな思いを抱えていたのかどうなのか?の中の忘年会でした。

開会のあいさつを終えたT氏。会社の忘年会の予行演習だったというウワサ。


もともと少人数なので、忘年会とはいえアットホームにくつろいでます。


マンドリンなひとたち。


ギターのYちゃん、素顔はヒミツのMさん、コンマスI氏。


体格・存在感ともにデカいBassのKちゃんですが、実はかなでおん最若手。飲み会はこの日が初参戦となりました。


ヒミツのコントローラーでYえもんを操るの図とYえもん溺れるの図。




上段:コンマスI氏とBassのKちゃん。性格がでてるなーと思ういちまいw
中断:かなでおん恒例?めがねーずショット。
下段:めずらしく夫婦ツーショット。


おもしろくともなんともない写真なんですが(ゴメン)このふたりが何を語っていたのかが気になります。


お酒も休み休みのみましょう


おじや対決
上段:指揮者・ユウコ(Dola)・O氏(Guitar)・Iくん(1st)テーブル
中段:Kちゃん(Bass)・コンマスI氏・Mくす(1st)・Yえもん(2nd)・Eちゃん(2nd)テーブル
下段:Yちゃん(Guitar)・Mさん(1st)・Iちゃん(1st)・T氏(2nd)テーブル…た、たまごは…


宴もたけなわですが…しめのあいさつはYえもん。


一本締め。


今年も1年、お疲れさまでした。
来年もよろしくお願いいたします

第1回定期演奏会、無事終了いたしました。


一夜明けての更新となりましたが、7/9(土)茅野市民館マルチホールにて開催されたMandolinEnsembleかなでおん第1回定期演奏会「はじめまして、かなでおんです」は無事終了いたしました

まずは突然の会場変更にも関わらずご来場下さったお客様にこころより感謝のことばを申し上げます。おひとりずつご挨拶を申し上げたい気持ちでいっぱいです。ほんとうにありがとうございました。

そして急なお願いにもかかわらず、打ち合わせから準備・本番まできめ細かい対応をしていただいた茅野市民館のスタッフの皆さま、皆さまのお力添えがなければ、演奏会の開催すら危ぶまれるところでした。舞台・イベント企画のプロとしてのお仕事ぶりには頭の下がる思いでした。ありがとうございました。

DVD製作をお願いしたSkyFactoryのスタッフの皆さま。熱心なお仕事ぶりを拝見させていただきました。非常に細部にわたっての撮影、DVDの完成が楽しみでいてすこし怖いような(笑)仕上がり楽しみにしています。遠路よりありがとうございました。

受付・駐車場などをこころよく引き受けてくれた、K君、Tさん、Gやん(笑)そして、信州大学マンドリンクラブの1年生5名の方々、コチラの不手際やらなんやらで、いろいろお仕事を丸投げしちゃってゴメンナサイ 長時間にわたりお手伝いいただいて本当に助かりました。ありがとうございました。

協奏曲ですばらしい独奏を披露していただいた折井さん。ちょっとつたないところのある我々の演奏にも根気よくお付き合いいただき、おかげで終始わきあいあいとした練習風景であったことを思い出しました。協奏曲がおわった後の指揮者との握手は、個人的にはなかなか絵になるシーンだったのではないかと思っていますありがとうございました。

最後にメンバーのみんなへ。仕事・家庭と練習との両立は想像以上に大変だったかと思います。『演奏会を開く』ということは、演奏以外にもやることが山積みで、みんな色々身を削ったなぁという感じでしたね。本番は楽しめましたか?緊張で思うように力を発揮できなかったり、ミスが気になっちゃったりしたかもしれません。しかしながら、難曲揃いの今回のプログラムに果敢に挑んでいった心意気は、お客様に十分に伝わったのではないかと思います。結成して1年余りですが、まだまだこれからっ、という感じでしょうか。また来年、再来年も、みんなと音楽を楽しみたいです。演奏会お疲れ様でした。そしてありがとう


以下、指揮者(友成貴司)よりメッセージです。

定期演奏会にご来場いただきまして本当にありがとうございました。お客様のあたたかさを背中に感じながらの演奏でした。かなでおんの船出としては、なかなかいい演奏会だったのでは、と自負しております。地震による急な会場変更など、いろいろな意味で一生忘れられない演奏会になりました。もっともっと何か『おもしろいこと』を演奏会で伝えていけるような活動をしたいです。今後ともよろしくお願いいたします。



最後になりましたが、アンコールの演奏曲目です。

・ありがとう(作曲:水野良樹/編曲:友成貴司)
・メキシコ組曲よりPolka(作曲:E.アングロ)


終演後ロビーにて掲示していたのですが、ちょっとわかりにくかったですね申し訳ありませんでした。

---2011.8.31 追記---
駒ヶ根マンドリーノさんの演奏会感想記事はコチラ!!
遅ればせながら、ありがとうございます



【報告】マンドリンのわ~Mando'RING'~


ちょっと久々の更新になってしまいました
さて、昨日開催しましたマンドリンのわ~Mando'RING'~無事、終了しました
なにぶんはじめての試みで、準備も心もとないままの開催でしたが、おおむね好評を頂いたようです。
出場団体さまのご協力のおかげで、リハ・本番とも時間が押すこともなく、スムーズに会を進行できました。この場を借りてお礼申し上げます。
かなんでおんのみんなも、雨の日の朝早くから準備おつかれさまでした。

出演者の皆さんには、↓のようなお手製名札を用意して、会の間つけていただきました。

ロゴのある団体はロゴを取り入れてデザインしたりと、ちょっとこだわってます(エッヘン)。
これが「名前を呼んでもらえるのでいい!」「わざわざ団体ロゴ入りで作ってもらえるなんて!」と、なかなか好評でした。
せっかく集まっていただいたのだから、キチンと名前を呼んで交流したいと考えていたので、そんな会話のきっかけづくりにも一役かえたようでなによりです。

演奏会は、主にソロ・デュオの前半とアンサンブル~マンドリンオーケストラといった大きな編成の後半でプログラムを作りました。
演奏者それぞれ趣向を凝らした選曲で、マンドリンの可能性を再発見できるようなプログラムだったのでは、と感じてます。
クリックで大きくなります。

「マンドリンと言えば演歌や歌謡曲というイメージだったけれど、こんな曲も弾けるんだ」という声もある一方、「普段の定演ははクラシック寄りの選曲だけど、ポピュラー音楽も魅力的だね」という声も!!まさに可能性の再発見ですね「ずっと気になっていたあの団体の演奏が聴けてよかった。今年は定演に行くよっ!!」なんて嬉しい感想もあったようです。かなでおんの定演もよろしくお願いしますね(笑)

かなでおんメンバーのみの写真があまりなく、他団体の皆さまには掲載許可をもらい忘れましたので、写真のUPはとりあえずコレだけ折井さん、ありがとうございました


内部的にはそれはもういろいろ反省点も多いのですが、ちょっとユルめのこういう『楽しめる』会を開催できたことは大きな喜びと自信になりました。何事も継続するというのが難しいですが、マンドリンの輪をこれから2重、3重に広げていきたいと思いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。