スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【練習レポ(1)】いよいよ始まりました♪


2月7日、あがたの森公民館にて第6回かなでおん定期演奏会に向け練習開始しました

ブログ当番になりました、T(旧姓K)です。二期のお休みを経て、かなでおんに再び参加したいと思います。団員の皆様、よろしくお願いします。

さて、初回の練習となりました今回は、全曲をとりあえず弾いてみました。ちなみに今回の参加者はマンドリン4名、ドラ1名、セロ1名という配置でした。

◇1部
小組曲(C.ドビュッシー)
2つのスウェーデン民謡(J.スヴェンセン) 
セントポール組曲(G.ホルスト)

◇2部
じょんがら(藤掛廣幸)
ラベル組曲(C.マンドニコ)
星の庭(小林由直)
ImpressionⅡ(舟見景子)

ん?「2つのスウェーデン民謡」は今回練習したっけ←まだ楽譜できてません(編集注)
とりあえず、全体の印象として、変拍子と転調多くない⁈(;゜0゜)とアワアワしました。
しかし、かなでおんらしい曲目だなーと思いました。
なんだか学生時代に帰ったような気持ちにも…なったのは私だけか

なかなかに練習しがいのありそうな曲たちです。
9月のステージに向けて、楽しみながら練習できたらいいなと思います

------------------------------------

編集後記

Kまっつー復帰おめでとうそして結婚おめでとう
こうしてメンバーが戻ってきてくれるのは嬉しいことですね

そっかー、変拍子と転調多いかぁ…(遠い目)
今年も苦労しそうやりがいありそうですねっ。
楽譜もほぼ出揃っていることですし、遠方組としては、練習参加までに譜読みと指入れをしっかりやりたいところですね~。

いよいよ今年も始まったかと思うとわくわくします
またみんなに会えるの、楽しみにしてまーす。

第6回定演に向けて始動!!


年末年始にかけて、第6回定期演奏会に向けた選曲会議を行いました。
何度も集まって曲を絞り込んでいった結果、以下の曲に決めました。

◇1部
小組曲(C.ドビュッシー)
2つのスウェーデン民謡(J.スヴェンセン) 
セントポール組曲(G.ホルスト)

※1部は曲順未定

◇2部
じょんがら(藤掛廣幸)
ラベル組曲(C.マンドニコ)
星の庭(小林由直)
ImpressionⅡ(舟見景子)

1部では弦楽のために書かれたクラシック曲とし、2部では最近のマンドリン作曲家を選んでみました。
クラシック曲の中でもマンドリンに合いそうな曲をセレクトしましたので、これらの曲を通して、マンドリンのために書かれた曲とは一味違った音楽表現を目指したいと思います。

また、クラシック曲とマンドリン曲を対比することで、マンドリンのために書かれた曲(特に最近のマンドリン曲)の面白さや特徴などが分かりやすくなるかと思っています。

選曲の過程では、例年通り曲の絞込みやテーマ決めに煮詰まったりしましたが、有志で飲み会なんかもやり、楽しみながら曲を決めることが出来ました。

早速2/7(日)から練習始めますので、9/3(土)の演奏会に向けて活動開始です

宜しくお願いします

アツい話し合いの様子が伺えます。




これはお好み焼き






なんなん広場文化祭


9/26~27に行われた、なんなん広場の文化祭に参加してきました。

かなでおんでは、練習会場として主に松本市のあがたの森公民館と、なんなん広場を使用しています。
このうち、なんなん広場では、毎年利用しているサークルを集めて文化祭を開催していまして、かなでおんも毎年お誘いは頂いていたのですが、定期演奏会とスケジュールが近いこともあり、欠席していました

ただ、以前からかなでおんの宣伝の意味も兼ねて参加したいな~という気持ちはあったので、今回思い切って参加することにしました

参加したのは、自分とギターのO野の2名で、マンドリンギターの2重奏を30分ほど演奏してきました。

曲は、マンドリンに馴染みのない方も聴き易い、丘を越えて少年時代時代ニューシネマパラダイスのテーマ川の流れのように、といったポップス中心にしました。
久しぶりのポップスで緊張しましたが概ね好評だったようで、他の文化祭参加団体の方からも、今後コラボしないかという話も頂きました

ちなみに文化祭に参加した他の団体は、ハンドベルやコーラス、沖縄音楽など、多種多様で、こんな近所でこういった活動している人達がいるというのも新鮮でした。

次回はもっと大勢で参加出来ればいいなあと思いますので、かなでおんメンバーで興味のある方は参加宜しく













-----------------------------

ユウコです。こんにちは
Iさん、O氏、お疲れさまでした
遠方にいるとこういうイベントになかなか参加できないのが残念です
かなでおんとしてはめずらしいポップスからの選曲、お客さんも喜ばれたことと思います。
定演以外にも、こういった演奏機会を大切にしていきたいですね


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。