【練習レポ(29)】いよいよ明日本番!! by 指揮者


さてさてまたまたKまっつ~がやってくれました・・・。
さて何を書きましょうか。



今回はルーマニア日本組曲をチェックして、後は他のプログラムを通せるだけ通して、という感じでスペインガルダ湖を弾きましたっけ?

さすがに本番が近づいてきたせいか、良くも悪くも演奏者に「こなれた感」が出てきてるような・・・。速いテンポにあれだけ苦労してたルーマニアをそつなくこなす感じがなんか悔しいっていうか面白くないっていうか・・・。あんなによちよち歩きだった子がいつの間にかこんなに大きくなって・・・ってちがうか。

ただ日本組曲をその勢いそのままでいくとちょっともったいない気がします。
自分が盆踊りの張本人になってしまうと、踊り狂ってわけわかんなくなってしまいますよ。昔の盆踊りの風景。これも情景音楽ですね。踊りそのものの音楽というよりは、盆踊りの様々な情景、人々の様子にBGMを付けるなら、というスタンスぐらいがよいんだけどね~。果たして本番はそのようにいくでしょうか。

今回スペインを練習して思ったことは、ギターがいなくてもしっかりしてきたなと。
自信を持って弾いてる感じがします。
テンポを作るパートに寄り添いすぎると音楽が生きてこない。
自分のパートの役割を感覚的でもわかってきて、「他人の音を聴くということは自分の音も頼りにされている」という思いで弾くときっと面白いものが出来ると思います。
あっ、あとセロがちょっと成長した!今頃!

ホールではお客様まで音を届けないといけないので、いつもより音が大きくなってもよいけど荒くはならないようにお願いしますね~。そして楽しみましょう!

今嫁さんが一生懸命「ギリシャ」練習してます。
みんな!走る可能性大だぞー!気をつけろ~!

さてさて。私は指揮を間違えないように最終確認しましょうかね~。

-------------------------------------------

[編集後記と写真コーナー]

一生懸命やればやるほどギリシャで走ってしまう嫁(ユウコ)です。こんにちは。
明日はいよいよ本番ですねなんだか今からドキドキしてしまいます。。。
約1年間練習してきた曲も、明日で弾き納めかと思うと少し寂しいような気もしますね。

指揮者の言う「こなれた感」、明日は吉と出るといいですねっ
1年間の集大成です。明日は張り切って、楽しんで、いきましょう

練習風景






絶賛お仕事中!!


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/84-5a5f4c8e