【練習レポ(22)】暑くなってきました。楽器の手入れも忘れずに。 by Y.O(Guitar)


今回は6月17日(日)の練習レポートです。
珍しく私は練習開始から参加できました。たぶん今シーズン初のことです。いつも遅刻してばっかりですみません。

日本組曲
1.盆踊り

丁寧に弾こうとのことでした。音がたくさんあるからついがちゃがちゃ弾いてしまいがちですが、自分の響きだけでなく、全体の響きで1つの音楽になっていることを常に念頭に置きたいです。

2.七夕
メロディーでもリズムでも和音の厚みでもない動きって難しそうです。イメージが自分のパートだけ弾いていてもつかみづらいですもんね。
pの表現が難しい。もちろん音は小さいけれども、弱弱しい音ではだめなことがあるし。遠くで鳴っている感じとよく表現するけれど、この場合どうなんでしょうか。

3.演伶(ながし)
スタートは全力で。

4.倭武多

自分の感覚としては、まだ曲を覚えられていない感じ。このところ指揮者様にはことあるごとに言われるので、そろそろ自分の中にきちんとイメージを作りたい。ちなみに今年は組曲が多いのですが、曲ごとの流れも意識しておかないとちぐはぐになったりめりはりがなくなったりしそうなので、そこも注意が必要ですね。

マンドリンのための碧と紅
だいぶ響きはわかってきたかと思います。……練習頑張ります。

ガルダ湖の印象
「1.追憶」はしんどかったです。練習してできていたことができなくなってました。こないだ指揮者様に「最近は全然練習していなくてもあんまり下手になっていないので我ながら上手くなったもんだ」と言ったら、怒られました。上手くなっているわけないですよね……。練習頑張ります。

6月も半ばでだんだんと暑くなってきました。楽器の手入れを入念に行いましょう。練習環境はきびしくなっていきますが、本番までの時間を逆算して練習に励みたいです。
ギターパートのOでした。

-----------------------------------

[編集後記と写真コーナー]

6月も下旬になり、定期演奏会までいよいよ2ヶ月をきりましたね残された時間は長いとは言えませんが、どんな演奏をしたいのか、どんな曲にしたいのか、イメージをしっかり持って練習することがますます大切になってきそうです。

何度も何度も言われていることですが、楽譜に書いてある音を弾いて終わり、ではなく、そこから何を伝えるか、しっかり考えて演奏したいですね。

練習風景




レクチャー中


コンマス氏からの中国土産!!アヤシイ(笑)




コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/76-ef8a6352