【練習レポ(13)】曲想の提示を自発的に!! by ユウコ(Dola)




今回のブログ当番は…かなでおんブログ管理人であるDolaパートのユウコです
記事を書くのはちょっと久しぶりな感じもします。

今回の練習はみんなの用事が色々重なったためか、参加人数少な目でした。
特に1stさんがひとりしかいないということで、指揮者も楽器持参で対応しました。(←お疲れさまでした)




練習曲目は『ディズニーメドレー』『ガルダ湖の夕暮れ』『組曲スペイン』『第二ギリシャ狂詩曲』でした。
全体的な感想としては…

各個人の中に音楽が流れていないと、全体としても音楽にならない

のかなぁと思いました。
どの曲にもテンポの揺らぎや曲想の変化がありますが、そういった曲想の提示を人の音に頼ってばかりでは音楽が前に進みません。もちろん、アンサンブルですので他パートの音を聴くのはとても重要なことですが、逆に考えると、自分の音も人に聴かれていることをもっと意識するとよいのではないでしょうか。

自分の出した音は隣の人に影響を与えます。それがパートとしての音となり、他パートに影響を与えます。
なので怖気づいたり、受身・人任せの姿勢でいると、どうしても"出遅れた感"がしてしまいますよね。
そういう前に進まない音楽は、どうしても聴く人の心にひっかかりを残してしまうような気がします。

つまり、音楽的な表情やイマジネーションをもっともっと各々が自発的に提示することが求められているような気がします。そろそろ受身の弾き方から脱却して、自ら能動的・自発的に音楽を提示する段階に入ってもいいのではないかなぁと思います。そのためにみんながそれぞれ、曲に対してイメージをしっかり持って、合奏練習では各々のイメージをぶつけ合うつもりでいいのかもしれませんね。それも合奏の楽しみのひとつだと私は思っています。

写真コーナー
DolaのKちゃんとBassのI君。人数が少なかったので、Bassもみんなの輪の中に入って(笑)練習しました。


2ndのみんな。相変わらず高い女子率。


指揮者の指示を受ける?I君。なごやか。


*Practice Data*
【日時】
2012.3.17(sat) 13:00~17:00

【場所】
県の森文化会館2-5

【内容】
・・ディズニーメドレー
・第二ギリシャ狂詩曲
・ガルダ湖の夕暮れ
・組曲スペイン

【参加パート及び人数】
1M:1
2M:3
D:2
C:0
G:0
B:1





コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/64-8e4996ab