【練習レポ(7)】酒が飲めない忘年会を迎える前の練習はどうモチベーションを保てばよいのでしょうか by 指揮者


さてさて遅くなりましたが、恒例の練習レポート。
今回のブログ当番はいったい誰でしょう!!!!!!!?

・・・。

むなしくなったのでやめます。
そうですよ。また指揮者の私ですよ・・・。Yちゃんがやってくれました・・・。



ちなみにブログ当番は、前回記事を書いた人が、パート名が書いてあるくじを引いて、そのパートの中から書く人を選び出します。
なので必然的にパート員が一人のセロ、ベース、そして指揮者は書く人が決まってくるわけです。今度こっそり「conductor」のくじ、抜いておこうかな・・・。

編集注)そんなことは許しませんっ

てなわけで、レポートです。といっても曲ごとに解説してもそう毎回変わらないのでざくっと全体の感想を書きます。

まずニュースとして、またまた新しい見学者も交えての練習でした。
先に言っちゃうと、入団が決定しました
別れもありますが出会いもある。こういうのを繰り返しながらもがんばっていければよいです。

この日見学に来られて、先日新メンバーとなったEさん。顔出しの許可をもらってないので『???』コラージュ。


Eさんも、かなでおんメンバーの多数を占める信州大学マンドリンクラブのOGのひとり。すでにメンバーのようなヨユウのピースサイン。


今年最後の練習ということで、未完成ながら決定している曲をとりあえず全部弾こうとという目的でした。
あまり細かいことを言わずに練習を進めていこうと思ったのですが、団員の中には「まだこの曲弾いたことがないという人もいたり、音がまだまだ頼りなかったりで、どうしても私の小言が多くなりがちでした・・・。

小言?の合間……?


私の場合の指揮者的な心情を話しますと、こういう時って、とりあえずガツガツ弾かせるべきか、あまり追求せず次へ進めるべきか非常に迷います。

前者の場合、「このフレーズは今すぐには弾けないかも・・・」というところを何回も追求して弾かせるのはかわいそうになってくるわけです。後者の場合、練習そのもののテンポ感が鈍くなってしまい、指揮者のお話長くなってしまうわけです、私の場合。ノーコメントで次に進んで「こんなんでよいのと思われるのが一番イヤなんです。

まあ話が長いといわれたのは今に始まったことじゃないけどね。

このバランスは永遠の課題ですね。楽しい練習を作り出すために。
とは言いつつも、私の勉強もまったくだめだめでした。ギリシャなんて振り方忘れてたし・・・。まずは私が決まらないとみんなも弾けないよね。反省です。

今年の曲について、「去年より難しいという人と「去年より簡単という人がいます。「去年より難しいという人はテクニック的なことを言っている模様。
「去年より簡単という人は全体的な曲の解釈の視点で言っている模様。

編集注)去年(第1回定演)の曲目についてはコチラ、今年(第2回定演)の決定している曲目についてはコチラの記事をごらん下さい

テクニック的なものは個人が身近に直面する問題なので気になるのは当然なのですが、長い期間をかけて本番までに練習すれば、それはある程度解決されると思います。

今の段階で大事なのは、曲全体を見渡せているか。
弾きながら曲を知ろうとしていると、なかなか前向きな音が出せないし、弾くときに得る経験値が少なく、あまり身につく練習にはならないと思います。

私の考えでは、音源を聴きすぎるのは反対です。テンポ感や曲の解釈まで真似して覚えてほしくないからです。まして、音源と一緒に弾く練習なんて・・・。

けれども「こんな曲なのね」程度に把握するなら音源を聴いて勉強するのはよいと思うし、パートトップの人は次の展開が頭に入るぐらい曲を知ってもらうと、練習がとてもスムーズにいくと思います。そうすると目の前の難しいフレーズは完璧に弾けなくても、曲として最低限成立する音符が分かってきて、徐々に曲に慣れていくと思います。そういった視点から、アンサンブルを成立させるのに必要なことというのが実感できていくと思います。

今回の曲を難しいといったI君は、「弾いたことがある曲が少ないから」と言っていましたように、まずは曲を知ることが大事だと思います。

自分の反省も含めて今回思ったことはこんなことでした。来年の演奏会までの練習回数は前回よりも少ないのでそうのんびりもしていられません。来年からギアをあげていきますよ。皆さん来年もよろしくです。

------------------------------------

[編集後記と写真コーナー]
2011年最後の練習、第7回の練習日記をお届けしました
この練習の後忘年会に繰り出し、その模様も一緒に記事としてUPしようと思ったのですが、量が多いので忘年会の様子はまた後日

さすがに指揮者だけあって、イイコト言ってますね
カゼでつらい中、お疲れ様でした
はじめての曲、知らない曲だとついつい目の前の音符を追いかけるだけで精一杯、しかもその音符もマトモな音にならない…なんてことになりがちですが、そんな時こそ、見渡すチカラを発揮したいですね。

どの音が隣の人の助けになるか。
どのフレーズが隣のパートにも大切になるのか。
どういう音色が、聴いている人の心にひびくだろうか。

楽器をわざわざ出さずとも、考えること、イメージを持つなどできる練習はたくさんあるように思います。

ミクロの観点で、音を間違えないようにするのは、時間をかけてコツコツと自分の練習を積み重ねていき、合奏ではもっとマクロな観点で音楽をとらえると、いいアンサンブルができるのではないかなぁと私も感じました。

もうちょっと言えば、みんな角度的にはあと30度(←あ、テキトーですw)、目線を上げて弾いてみませんか?
見える世界が、かわるかもしれませんよ~

編集後記が長くなりましたが、恒例写真コーナーです。
今回の記事タイトルは指揮者本人です。
忘年会なのにお酒のめないとか、カワイソウすぎますねw
記事を書く人と写真を撮る人、さらにそれらを編集する人がバラバラなので、いつも記事とあまりリンクしてなくて申し訳ないですが、かなでおんの雰囲気を少しでも感じていただければ幸いです

コンマスソロの部分の打ち合わせ。


わからないことは指揮者に聞いてしまうのがてっとりばやいです。少人数なので競争率も低いです(笑)


各パート内でいろいろ打ち合わせ。






Iちゃんどうしたの?(笑)


Kちゃんのベースから指揮者が"生えている"ように見えるのは私だけ…


ランチタイムブログを当番制にし、オモチャのようにカメラと戯れるMくす(←伏字の意味ある?)がたくさん写真を撮ってくれるおかげで、1stシーズンではほとんど顔出しのなかったユウコがチラホラ出てきます。


Yちゃんがなんともカワイイ、クリスマス仕様のおやつを持ってきてくれました。


*Practice Data*
【日時】

2011.12.10(sat) 13:00~17:00

【場所】
塩尻市総合文化センター2-5

【内容】
・組曲スペイン
・ガルダ湖の夕暮れ~六つの印象~
・ルーマニア民俗舞曲
・第二ギリシャ狂詩曲

【参加パート及び人数】
1M:5
2M:3 ※Eさんが見学に来られました
D:1
C:0
G:2
B:1



コメント

No title

ブログ更新ありがとうございますe-343
くじは引く方も緊張しますねe-330
次回はどのパートでしょうか…

2011年 12月 25日 23:42 from ギターのYURL

Yちゃんへ

早速のコメントありがとう★
確かにくじは引くほうも緊張ですね(笑)
くじ引き制にしようと思い立ったとき、iPhoneアプリでいいのないかと探したんですが、有料の割には機能がイマイチだったりして、結局古めかしい方法になりました?

そろそろマンドリンの誰かにあたってほしいなぁなんて、呪いをかけてます(笑)

2011年 12月 26日 13:40 from ユウコ@かなでおんURL

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/55-e169e45e