【練習レポ(4)】曲作りと音作り


気がつけば10月も下旬、信州はもうすっかり秋です
写真はかなでおんがいつも練習に使わせていただいている、あがたの森文化会館からみた公園の風景です
公園内には練習会場である文化会館ほか、講堂やひろーい芝生、池には水鳥がぷかぷか…となかなか和み要素の高い場所です。



さて、当ブログの更新は、基本的に主宰者のひとりであるDolaパートのユウコがつとめておりますが、「毎回同じような視点ではつまんないだろう」と思い、

練習レポートくらいは毎回くじ引きで決めてしまえ

とパート名の書かれたくじを用意して練習に臨んだのですが……

練習開始前に指揮者にひかせたら、なんと引き当てたのは『Dola』。。。この日Dolaパートは私ひとりだったため、必然的に今回もユウコがお送りしております。

ちなみにパート構成員が複数いるパートは、相談の上ブログ当番を決める…ハズでした。1名しかいないCelloとBassと指揮者は引き当てられた時点でブログ当番決定です

微妙に自作自演乙wな空気がイタイ中の練習です。
まず最初に、新しく決定したルーマニア民俗舞曲(B.バルトーク/伊藤敏明・編)を初合わせ。楽譜も当日配布でしたのでみんな当然初見ですが、有名な曲なので知ってる人もチラホラ。

7つの舞曲の旋律を用いて6つの部分で構成されています。

1.Jocul cu bâtă 棒踊り
2.Brăul 飾り帯の踊り
3.Pe loc 踏み踊り
4.Buciumeana 角笛の踊り
5.Poargă românească ルーマニア風ポルカ
6.Mănunţel 速い踊り

参考:Wikipedia-ルーマニア民俗舞曲-


棒踊りとか踏み踊りとかなんぞとは思いますが、どの曲も民俗色の濃い、親しみやすくも独特の雰囲気をそなえた曲集ですまた最後のふたつのテーマは人気番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」(テレビ朝日)でも使用されており、認知度は高めですね。

ふつうに弾いてしまえばなんてことはない曲なんですが、この曲の持つ独特の味わいを出すのはなかなか難しいと思われます。コンマスI氏の技量とセンスが大いに問われる曲目ですねDolaパートの私としては、この曲の不思議な香りのする和声にトリハダものの心地よさを感じます

そんなこんなで2~3回ほど通して練習しました。
余裕のある箇所は少しずつ曲想をつけてみたり、なかなか楽しみな展開です。

そしてこの日のメインは、第二ギリシャ狂詩曲 (N.ラウダス)
アタマからかなりこまかくこまかく指揮者主導のもと曲作り&音作りです。

音作り。

かなでおんは18名という少人数編成のアンサンブルのため、音の厚みというよりは響きでもって『聴かせる』演奏を目指しています。耳をすませばひとりひとりの音までも聞き分けられそうな人数での演奏なので、自分の音がどう響き、溶け合い、音色となって届くのか、を常に意識した練習が不可欠です。

「p」だから小さく(弱く)「f」だから大きく(強く)だけではなく、どういう響きをそこで表したいかを考えて練習しています……いますよねっ!!?

そういうことを意識しつつ、ギリシャでは特にところどころ出てくるフーガのような、各パートのおっかけのような箇所を練習。(ウチの指揮者はこういうところの音のバランス、すごくこだわるんです)

・他のパートが始まったら、すこし音色をやさしく、スラーなどをより意識する

など、一生懸命になりすぎない大切さをこんこんと説かれたのでした。
個人的なことですが、この曲の中盤以降、Dolaから始まるとかDolaのritで終わるとか緊張どころがちょこちょこ出てきます。不自然な音楽にならず、かつ、印象的なフレーズで耳に残るような音色目指して練習したいです!!がんばるぞー。

恒例、練習合間のヒトコマ

指揮者がK氏のCelloを奪って拝借して演奏指導。

Mandolinな面々…

画面中央部…んん~~~??

MさんのムスメSちゃん。こんな風に母をたくみに操って演奏させています(笑)

本日のMenu
===内容===
・ルーマニア民俗舞曲
・第二ギリシャ狂詩曲

===参加者===
Mandolin(1st):井上(雅)・井出・伊藤(恒)・松本 (2nd):山下(美)・山本・田中・小松
Dola:友成(ゆ)
Cello:久保田
Guitar:荻野
Bass:伊藤(悠)

※Mandolinに松本さんが新たにメンバーとして正式に加わりました



コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/51-05ecf74e