【練習レポ】いよいよあと2週間!!


先週はちょっと記事の更新をサボってしまいました 夏至もすぎていよいよ夏本場ですが、管理人は早くも夏バテ気味です(笑)ビールの飲みすぎかもしれません 

前回6/18日の練習では、午前中から時間をとって、主に通し稽古となりました。
午後からは協奏曲のソリストである折井さんを迎えて練習。
ほぼ全曲ビデオ&ICレコーダーに撮り、指揮者の譜読みに活用されています こうやって自分たちの弾いたものを客観的に聴くと、いろいろ発見があります。意外なところでミスタッチがバレていたり(汗)と、体力とともに集中力もつけなきゃなーと思う次第です。

練習後は有志で近所のファミレスにて来年度のお話を。
まず、

かなでおんは来年もやります!!!!!

曲も場所も決まってませんが、来年も夏ごろ演奏会を開くことになりました 
来年度もなにとぞよろしくお願いいたします。

ファミレス後Yさん家にて二次会的な飲み会が開かれました。個人的にはもっとかなでおん話になるのかなぁ?と思っていたのですが、どんどんどんどん酒がすすみ、もうなにがなんやらという状態に(笑)かろうじてその日に取った指揮者用ビデオを流していたくらいでしょうか。※しかし指揮者しか映っていないため、途中で放置されるという哀しい結果に。



とかなんとかで、前置きが長くなりましたが、ようやく今日の練習です。
今日からはまた従来どおりお昼からの練習でした。風が通らなくて暑かったですねー そういえば去年かなでおんの練習をはじめて少したった今頃、冷房の無い練習会場であついあつい言いながら、それでも久しぶりに合奏するヨロコビを感じていたことを思い出しました。
今日はまずJPR組曲から。こまかいニュアンスの修正を行いました。だいぶんオシャレ感がでてきたのかなぁ?管理人は苦手系の曲なので、いつも四苦八苦です

その後は黄昏前奏曲を。こちらもニュアンスの修正を中心に。突き詰めていくと結構いろいろ、やりたいことは出てくるもので、そういう方向性を合わせていくことは、特に少人数のアンサンブルでは大切なことかなと思っています。

最後はマンドリンの群れ。若干テンポが遅くなりがちだということで、全体的に意識改革を。なんとなく安定志向にハマりがちでしたが、ここは『疾走感』も大切にしていきましょう。

全体をとおして言えることですが、パート内ではパート員の音をよく聴き、パートとしての一体感・表現の統一を図っていくこと、パート間でも自分のパートがどういう役割(支えるのか、調子を合わせるのか、全体を引っ張っていくのかなど)をしているのか、影響を与え合っているのはどのパートなのか、ということを常に意識していきたいですね。曲全体の大きなイメージを持って、それを実現するにはどう表現するのか、まだまだできることがいっぱいあるなぁと感じた練習でした。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/37-ec67f003