【練習レポ】2/27(日) by ユウコ


あわわわわ(((( ;゚д゚)))明日は練習日なのに前回の練習日記を今頃UPです…
イイワケをすると、前回練習でダンナ早退したのに、私が鍵を忘れて家に帰るのが遅くなったという、マヌケな理由です

『マンドリンの群れ』はいよいよ仕上げ段階(?)です。全体を通しながら、トレモロorピッキングの調節など、細かいところの意識合わせを行いました。

●軽く弾くところこそ集中!!
リハ番号【B】からの2小節間、雰囲気が少し変化するところでは、1stはより軽やかにかわいらしく、2ndも1stに合わせて軽さを出そうとの指示。軽やかにとは言っても、情けない音ではNGですパート内、パート間の響きを大切に表情をつけましょう。

●フレーズの移り変わり、移り変わり方の違いを意識して!!
リハ番号【K】への移り変わりはフェルマータでしっかり溜めたあとのエネルギーをしっかり保ちましょう。で、長い小節数でデクレシェンド、気持ちを切り替えてリハ番号【L】Finaleへ入ります。群れはこういった場面転換の多い曲です。ぼーっと弾いているとうっかり見逃しちゃって、雰囲気に乗り遅れたりすることも!?そこそこ長い曲ですが、集中力をしっかりキープしましょう。

『黄昏前奏曲』
こちらも今までの復習。

●音符の数を合わせようとすると合わなくなる?
リハ番号【D】1stのアウフタクトからの入り、頑張って下さいっアタマ休符の連符で「あわせづらい」と感じるところですが、ここにこだわるあまり【D】のアタマが合わないのは本末転倒。連符は走り幅跳びの助走だと思って、いきおいよく【D】で踏み切ること。まずはしっかりイメージを固めて、練習に臨んでくださいね★

●明日はわが身(笑)
リハ番号【B】からの各パートのSolo及びSoli。気を抜くと"持ってかれ"ますよー(笑)また、どっかのパートがミスっても、連鎖反応起こさないこと!!息を合わせるべきところはしっかり合わせつつ、冷静な自分をしっかり保つのがアンサンブルのコツですよ。

『Back to SIRIUS』
途中までは指揮者あり、指揮者早退後は、もうひたすら弾き込みましたねー。1stさんお疲れさまでしたm(__)mこまかい運指が多くテンポも速いためわたわたしがちですが、音を出すのは右手、おうちで練習するときは、ゆっくり指入れしながら、自分の奏でる音色にも耳を傾けてみましょう。

本日のMenu
===内容===
■マンドリンの群れ
■黄昏前奏曲
■Back to SIRIUS

===参加者===
指揮:友成貴司
Mandolin(1st):井上(靖)・小松・伊藤 (2nd):山下(美)・小原
Dola:友成(ゆ)・井上(雅)・國分
Cello:久保田
Guitar:荻野



今回はちゃーんと他パートへの指示もノートに書き写してブログに臨みましたよー(エッヘン)。次回はもうちょっと早く更新できるように頑張ります

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/13-8402de61