合宿@白馬2014


さて、今年もこの季節がやってきました。
合宿です

記事を書いているのはおひさしぶりーのユウコ(Dola)です。こんにちは。
今年も神戸からの参戦となりました(遠かった……)

遠方組は普段ひとりで練習するので、こういった合奏の機会は重要です。また普段忙しくてなかなか練習に参加できないメンバーも、練習のテコ入れといった意味ではいい機会だったのではないかと思いました。

1日目はとにかく全曲通しでの練習。なかなか合奏に参加できないメンバーもいるため、とにかく弾いて弾いて曲に慣れましょう作戦(笑)結構カタチになっているものもあれば、まだまだ要練習&要曲作りな曲も……今後の課題が見えてきた1日目だったと思います。









今年も豪華な夕食を頂き、飲み会へ……












さて2日目もひたすら練習です
最初に日本スケッチをみっちり弾きました。大曲だけあって指使いやリズムのとらえ方などに難所の多い曲です。場面転換も多く、ほんとうに大変な曲ではありますが、そこはなんとか、スマートに弾きこなしたいものですね各楽章のサブタイトルにある市場-夜曲-面-祭りをうまく音楽で表現できたらいいなぁと思います。
次にPlanetarium。非常にキレイなハーモニーの1部から一転、激しい曲調の2部へ。それぞれに、それぞれの聞かせどころのある曲ですね。特に1部は丁寧にハーモニーを奏でたいと思いました。他パートを意識して、キレイな音作りをしたいです。
その次に火祭りの踊り。1日目に演奏したときは『ただ弾いただけ』で終わってしまったので、注意が必要です。あちこちに現れるフーガ(のようなもの)を大切にしたいですね。これもがちゃがちゃと弾くだけではなく、それぞれのパートが息を合わせて、かつダイナミックに力強く演奏したいと思いました。
最後にシンフォニエッタニ短調を合わせました。この曲も場面転換が多い曲です。短いスパンでcresc.、decresc.があったりして非常に忙しい。ですが、その忙しさがバレないように(笑)なめらかな演奏を心がけたいものです。緩急のつけ方もメリハリをもって、しっかり音にしたいところです。

本番まであと1ヶ月半、どこまで詰めていけるかが今後の課題でしょうか?まだまだ細かいフレーズの動きや、他パートへのアプローチの仕方など、やるべきことはたくさんあるような気がしました。合宿での経験は今後の練習に活かして、更なる高みへと手を伸ばしていきたいですね

練習終わってホッと一息。


最後に記念撮影。お疲れさまでした。


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/116-c28b2043