【練習レポ(18)】目からうろこ……!? by O(Guitar)


……只今、ワインいっぽん飲み干してしまいました18時25分。本日はあと寝るだけなのですが、昨日の練習レポ書きます。
……と、言いながら脱線。

最近、『齋藤秀雄講義録』なる本を読んでいます。
10年ほど前に買って耽読したのですが、今読みなおしてもなほ新しい、目からうろこが我が家で散らかったゴミの山ほどあります。さすがの齋藤先生。
この本で勉強したわたくし(ちなみに指揮法も齋藤先生の本で)は広い意味で齋藤秀雄さんの弟子です。その意味で、小澤征爾さんは私の兄弟弟子ですね。ナンチャッテ。以下、勉強レポート。

“モーツァルトは洒落。洒落なので、fで怒鳴ったりしない。”なるほど。
“ハイドンはfpが今よりも適当だった(mf、mpやクレッシェンドやデクレッシェンドもない時代)。fをクレッシェンドでpをデクレッシェンドで演ったら、うまくいった。モーツァルトもおんなじ。”へー、そうなのかなー?わかる部分とよくわからん部分とありました。でも、おもしろい!
“ドビュッシーから言葉を聴き取ろうとしても困る、あれは人間の喜怒哀楽でなく、匂いだとか皮膚の感じとかを表しているから……。”ほーほーなるほどー!!「ゴリウォーグ」、新たにみえました!
あとはロマン派が考えていたことはいかに人間の感情を「うたう」ことであったかとかどうとか……。ということは、イタリアーナはこんな感じとか、チャイコフスキーはこんな感じとか(ただし、弦セレはチャイコフスキーの、モーツァルトに対するオマージュなんですよね)、いろいろ見直さなきゃいけないなと思いましたー。この辺りがいちばんおもしろいところなんですが、

あー、すみません。もう酔っ払ってますのでこのあたりで。おやすみなさいまし。
あ、本日の参加はマンドリン複数人、セロ1人、ギター1人でしたよ。
今回の記事書いてるのはギターパートらしいよ?
しっつれいしましたー!!

コメント

ぽちっとな

おお、さすがおぎゃりん
何か面白そうな本読んでるね
おれも読んでみようかな

2013年 07月 03日 21:45 from いのURL

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/101-5f2105f2