【練習レポ(17)】聴いて楽しい演奏を by コンマス


1stの井上です。ブログ当番決めるのをすっかり忘れたまま練習終了してしまったので、今回は井上が担当します。

6/8(土)の練習は、1st 4名、2nd 2名、セロ1名、ギター1名 at 南部公民館でした。

まずは前回のおさらいということで、2部の曲を中心にチェック!!
全体的にメリハリ感とテンポ感が課題です。
周りを聴きすぎて、テンポが遅れていくのがパターンなので、イメージを明確にして前に進んでいくことが出来れば、音楽が生きてくるように思います。
フレーズ感、スラー感、テンポ感を大事に演奏せねば。

その後は1部の曲を重点的に練習!!
1部は軽快に弾きたいところですが、指が追いつかない部分もあり大苦戦。
聴いた感じよりも難易度高めですが、余裕をもって弾いて、聴いて楽しい演奏を実現したいです。
指揮者が不在の練習が続いているので、今は合わせにくい部分もありますが、指揮者が来た時ににすぐ曲を作りこめるように頑張りましょう。
練習で何度も言ってますが、「全部弾く!!より、すぐ戻る!!」って気持ちで、完璧に弾くことより、落ちたときにすぐ戻れるように意識してやってきましょう。

あと、練習の翌日、東京のプレストマンドリンオーケストラさんの第20回定期演奏会を聴いて来ました。
学生時代から付き合いのあるメンバーも何人か所属している団体なので、楽しみにいってきましたが、演奏・内容ともに充実した演奏会で、思った以上に楽しんで帰って来ました。
プレストさんは、団員で編曲や作曲までこなすので、マンドリンでは聴きなれない曲や新曲が多いですが、集客もしっかりしていて、20回の積み重ねを感じるいい演奏会でした。
他では聴けないオリジナリティのある演奏会というものの一例を見た気がします。
かなでおんはまだまだ模索中ですが、こだわりをもったオリジナリティのある活動につながっていけばいいなぁ。

以上、1stマンドリンの井上でした。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kanadeon.blog133.fc2.com/tb.php/100-1399b429