第6回定期演奏会、詳細決定しました


こんにちは
一昨日の練習に参加して、昨日小布施を堪能し帰ってきました、ユウコです小布施堪能記はまた後日

さて、今年もチラシが出来上がりました。
演奏会の詳細が決定しましたのでお知らせいたします

MandolinEnsembleかなでおん
第6回定期演奏会

----------------------------------
【日時】2016年9月3日(土)
【場所】レザンホール(長野県塩尻市)中ホール
【開演】14:00(13:30開場)
【入場料】\500
※学生無料(学生証をご提示下さい)
-------------------------------------------------
●Program●
<第1部>
セントポール組曲(G.ホルスト)
2つのスウェーデン民謡(J.スヴェンセン) 
小組曲(C.ドビュッシー)

<第2部>
じょんがら抄(藤掛廣幸)
ラヴェリアーナ(C.マンドニコ)
星の庭(小林由直)
ImpressionⅡ(舟見景子)

第6回チラシ

今年はチケット代金を見直し、一律\500といたしました。(学生さんは無料です。学生証を持ってきてね)
よりお求めやすくなっておりますので、ぜひぜひ、ご来場下さい
チケットのお求めは、当HPのお問合わせフォーム、メール(kanadeon★gmail.com ※★を@に変換して送信して下さい)、または団員までお気軽にどうぞ

クラシックの編曲ものから近現代のマンドリンオリジナル曲まで、多彩なプログラムとなっております。マンドリン音楽の奥深さを堪能していただけるよう、団員一同練習に励んでおります。お楽しみに

【練習レポ(8)】まだまだ足りない


明日はもう松本に出発だというのに、前回の練習のレポートをようやく書いてい……


デジャブ!!????


デジャブではありません。リアルです(笑)
指揮者をせっついてせっついてせっついて、ようやく原稿をゲットしたのが一昨日…
もう何やったかなんて記憶のかなただわ~~~~

ということで、第8回の練習の様子です。
ご覧下さい。

---------------------------

今回のブログ当番は指揮者パートの私でございます。

今回はスヴェンセンのパート譜面とギター譜面を作ってきたことでマンゾクしてしまい、譜読みが全く追い付いておりません。申し訳ない…。

順不同ですが、まずはスヴェンセン。※『二つのスウェーデン民謡

初めて譜面を見てもらって弾いてもらいましたが、こういった柔らかい表現は皆さん感が良いようで、ニュアンスも感じながら丁寧に弾いてくれます。あとは、もっと調和、バランスを感じて弾けばよくなるのではないでしょうか。

調和、バランスと相反することもあるのですが、ひとりひとりの音量がまだまだ足りないと思ったのがドビュッシーの小組曲を練習しているときでした。divが多いこの曲はうちみたいな団体ではまず音を出すことをいつも以上に意識しないとヘナヘナしてしまいます。まずは音を出してそこからバランスをカンガエテモ良いのでは。

Impression Ⅱはリズムの一体感が必要だと思いました。例えばうちのアンサンブルは8分休符をどういう休み方をするのか?16部音符の刻み方をどういったリズム感で弾くのか?それを追及しないとかなでおんのカラーが出ないと思いました。それを私が提示しないといけないんですね

今回の練習ではベース以外は揃いました。早くベース来てー。早く全パート揃った音が聴きたいです。

-------------------------------------

編集後記

ブログ当番じゃんけん大会。


練習後は毎度おなじみ、インド&タイカレー屋さん【メーヤウ】にて晩ご飯
この日はギターのO氏が大皿いっちゃってました



ごはんの後、指揮者&ユウコは、松本在住時代大変お世話になったマンドリニストOさんのおうちへ。
懐かしい話に花が咲きました

翌日は早々に松本を出ました~~。最近疲れちゃって夜遅くなるとしんどいんですよね~~~
帰り道はちょっと寄り道してPAの足湯につかりましたむくみが取れて長時間のドライブにはいいですね