第2回定期演奏会の音源をYouTubeにUPしました♪


ずーーーーーっとほったらかしにしていた音源を、ようやくようやくっYouTubeにUPしました~~~~

とりあえず2012年8月18日に行われた第2回定期演奏会の様子をUPしています。
今回もオトナの事情により【音源のみ】のUPとなっておりますが、御容赦くださいませ…

編集途中懐かしさのあまり涙がちょちょぎれました(笑)
第2回は大曲ぞろいで大変でしたねぇ(遠い目…)
団員のみなさんも、もちろんそうでない皆さん、特に演奏会に行けなかった~~という皆さんに聴いていただきたいです
--------------------------


















第5回定期演奏会、無事終了いたしました。


ただ今塩尻から戻ってきました
思ったよりも渋滞の影響は無く、二日酔いも車に乗るまでには治ったので比較的楽に帰還できました。

ということで、第5回のかなでおんの定期演奏会も無事終了いたしました

ご来場いただきました皆様、なかなか聴き苦しいところもあったと思いますが本当にありがとうございました。ホールのキャパを考えると少し寂しい来場者数だったのはこれからの私たちの課題ではございますが、アンケートの回収率がいつもすごくて、さらに皆さん温かい意見を下さるのはありがたいを通り越して申し訳ないぐらいです。毎年遠いところが来ていただくお客様もおられて、もう感謝しかありません。

当日朝8:45に集合して、まずはもう毎年恒例となりました当団のメンバー紹介写真の準備。毎回一番遠いところから来てくれるSさんにはホント頭が下がります。



受付も舞台のセッティングもあまり細かいところを指示しなくてももう各自でやっちゃうところは、続けてこられたおかげかなとも思いつつ、用意が終わってリハーサル開始。
約1年ぶりの指揮台に乗って振るとなんか楽しくなっちゃって、練習と全然違う振り方とかしちゃったり・・・。それが原因なのか、本番で数名には合図が出来なくてご迷惑をかけてしまいました。ごめんねてへぺろ。










前半はみんな緊張してましたね。という私も最初の曲で、「あれっ?この曲予備拍どういうふうに振ってたっけ?」と5秒ぐらい固まってました…。多々事故はあったものの、何とか止まらずまとめられたのは演奏者のおかげです。あの練習回数でホントによくやったと思います。でも中世はもうちょっと楽しんで弾きたかったですね。

後半は少し緊張も取れてきたのか、指揮をしていて目の合う奏者も増えてきました。
アンケートの結果にも現れてましたが、私個人的な意見でもカプリオル組曲とカレリア組曲は本番が一番よかったと思います。カレリア組曲は編曲に多々難があり、練習もいまいち完成形が見えないまま本番を迎えましたが、奏者の集中力が本番でバチッとあった感じがしました。私はほぼ聴衆として聴いていたようなものでした。カプリオル組曲も選曲時に描いてたものになったと思います。

指揮と独奏をするのは思ったよりも大変でした。独奏終わった後、指揮棒どこに置いたかわかんなくなるし・・・。舞台袖に下がるたび打ちのめされたボクサーのようにグデッと椅子に座って本番中に初めてもうしんどいと思いました。もう歳ですね。。
自分のわがままで初めて独奏を弾かせていただいて感謝しております。心配事が多すぎたせいか、独奏はほぼ無心で弾いてました。あまり自分でもどういうふうに弾いたのかあまり覚えてません。でも褒めていただいたので満足しております。

今回も賛助のIさん、Yさんには大変お世話になりました。本当にありがとうございました。そしてお手伝いに来てくれたメンバーもありがとう。仲間だからといって雑に扱ってごめんね。でもすごく助かりました。またいつか一緒に弾きましょうね。

本番後、ロビーでのお客様との挨拶の時はいつもやっててよかったなと思う瞬間の時です。今回は思いもしなかった人物とも会えたしでもそれもかなでおんをやってるから繋がる縁ですね。

撤収の後は、夕方5時半からの打ち上げ。お昼開演の醍醐味はここにありますね。一次会終わってまだ8時半ってすばらしい!いつもより飲んでた方も多かったのでは?







打ち上げにまで来てくれたダブルMさん。いい表情してます。


ということで、読み返すと全然まとまってない文章ですが、無事第5回を終了しました。

続けるにはホントに難しいことがたくさんあります。次もどんな形になるかは分かりませんが、この満足感があるうちに次考えちゃおうかな。

来年は9/3()@レザンホール中ホールの予定です。
皆さんお疲れ様でした。そして足を運んでいただきましたお客様も本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いいたします。

【練習レポ(10)】強化練習1日目


ちょっと日が空いてしまいましたが、8/29-30に行われた強化練習の様子をレポートします

-----------------------------------------

お久しぶりです。ついに今年もブログ当番がやってきました。

改めまして、今回の演奏で指揮と独奏を担当しますT.Tでございます。



今年度は合宿ができなかったので、2日間みっちり練習しようという今回。パートも本番一ヶ月前を切ってようやく全パート集まりました。
しかも私含める遠方組、コントラバスの賛助の方、そして見学希望のギターの方も一緒に弾いていただくという大盛況!いつもこれぐらい人がいれば楽しいのに

練習内容は私も含めてとりあえず曲を一からさらっていくことと、バランスとダイナミクスの確認。

初めに練習したカプリオル組曲は、弦楽アンサンブルや同属楽器のアンサンブルなどでよく弾かれる曲のようですが、私は今回の選曲中に初めて知りました。
ほぼ20世紀の作曲家ではあるのですが、この曲のスタイルは16世紀の舞曲がもとになっております。バッハより前ですな。でもめちゃめちゃかっこいい曲です国は違えど踊りの曲はテンション上がるマンドリンのピッキングの迫力と素朴さが、古風さとポップさを合わせ持った不思議な魅力に仕上がります。というのが選曲時の理想です・・・。
これは3,4楽章が難関ですな。

続いてジプシー風奇想曲
こんだけテンポが変化するのに、指揮者なしでやろうっていうんだから無謀ですな。しかも私マンドリンオケをバックに独奏を弾くのは初めてなのです
いや~マンドリンを弾いている人間としてソリストをやるのは憧れではありましたが、いざ練習すると、自分が弾きながら指示出しをするのが難 しい自分も弾くのにいっぱいいっぱいだし。
でもこの曲は私の師匠の演奏を聴いた時に度肝を抜かれた好きな曲なんです。バロックや現代曲も好きですが、やはり僕のマンドリンのルーツはここにある気がします。難しいことを考えさせず圧倒させるような演奏が出来たらいいのですが。師匠のように。まあ本番は緊張するんだろうな~。

そしてカレリア組曲
団員からの希望で選ばれた曲。シベリウス生誕150年ということでやっちゃおうってこんな一楽章から管がバリバリな曲を、お金ないからって団員にアレンジさせてやろうなんて・・・。お客様ごめんなさい。でも他に真似できない、(真似されない)演奏を目指して頑張ります。一楽章の最初のメロディーはどのパートがやるのでしょうか?二 楽章はやっぱり寒い若干ロシアよりになっているのは気のせいかそして唐突に終わるこの曲は果たしてトリの曲としてどう締めくくったらよいのか

一日目はこの3曲で練習が終わったと記憶しております。このあとは恒例の飲み会へ。








2日目の練習はまた次のブログの更新時に書こうかと思います。もう書くの疲れちゃった。

なかなか練習環境は厳しいですが、本番に向け団員みな頑張っております。こんな団体ですが是非定演にお越しくださいませ。

-----------------------------

はいっということで、いよいよ定演まであと3日となりました練習も残すところあと前日練習と当日のリハのみとなりましたが、直前まで曲を仕上げにいってやろうという気持ちでいっぱいですぜひ皆さま、定期演奏会にお越しくださいねチケットのお取り置きはお問合わせフォームからも承っております。