合宿@白馬2014


さて、今年もこの季節がやってきました。
合宿です

記事を書いているのはおひさしぶりーのユウコ(Dola)です。こんにちは。
今年も神戸からの参戦となりました(遠かった……)

遠方組は普段ひとりで練習するので、こういった合奏の機会は重要です。また普段忙しくてなかなか練習に参加できないメンバーも、練習のテコ入れといった意味ではいい機会だったのではないかと思いました。

1日目はとにかく全曲通しでの練習。なかなか合奏に参加できないメンバーもいるため、とにかく弾いて弾いて曲に慣れましょう作戦(笑)結構カタチになっているものもあれば、まだまだ要練習&要曲作りな曲も……今後の課題が見えてきた1日目だったと思います。









今年も豪華な夕食を頂き、飲み会へ……












さて2日目もひたすら練習です
最初に日本スケッチをみっちり弾きました。大曲だけあって指使いやリズムのとらえ方などに難所の多い曲です。場面転換も多く、ほんとうに大変な曲ではありますが、そこはなんとか、スマートに弾きこなしたいものですね各楽章のサブタイトルにある市場-夜曲-面-祭りをうまく音楽で表現できたらいいなぁと思います。
次にPlanetarium。非常にキレイなハーモニーの1部から一転、激しい曲調の2部へ。それぞれに、それぞれの聞かせどころのある曲ですね。特に1部は丁寧にハーモニーを奏でたいと思いました。他パートを意識して、キレイな音作りをしたいです。
その次に火祭りの踊り。1日目に演奏したときは『ただ弾いただけ』で終わってしまったので、注意が必要です。あちこちに現れるフーガ(のようなもの)を大切にしたいですね。これもがちゃがちゃと弾くだけではなく、それぞれのパートが息を合わせて、かつダイナミックに力強く演奏したいと思いました。
最後にシンフォニエッタニ短調を合わせました。この曲も場面転換が多い曲です。短いスパンでcresc.、decresc.があったりして非常に忙しい。ですが、その忙しさがバレないように(笑)なめらかな演奏を心がけたいものです。緩急のつけ方もメリハリをもって、しっかり音にしたいところです。

本番まであと1ヶ月半、どこまで詰めていけるかが今後の課題でしょうか?まだまだ細かいフレーズの動きや、他パートへのアプローチの仕方など、やるべきことはたくさんあるような気がしました。合宿での経験は今後の練習に活かして、更なる高みへと手を伸ばしていきたいですね

練習終わってホッと一息。


最後に記念撮影。お疲れさまでした。


【練習レポ(11)】周りと合わせる楽しさを味わいたい!! by Y.I(1st)


とても久しぶりにblog当番が回ってきましたマンドリン1stのIです。
今日の練習には、指揮者と、1st3人、2nd1人、ドラ1人、ベース1人の計7人が参加しました。

まず初めに、スペイン組曲を通しました。うんうん、こんな感じの曲だったと思い出してきて...
でも私はまだ指が入りきってません。この曲はさらっとかっこよく弾きたいですね。

次に日本スケッチの2です。
2もずいぶん曲の雰囲気が出てきました。1stはソロが多いので休みが多くてラッキー…(あ、つい本音が...)じゃなくて、のばしや刻みで雰囲気を出したいです。

次がプラネタリウム。私はまだ全然弾けませんが、みんなすらすら弾けているのがすごい!二番は...は、早い
ほんとにこれ弾くの...という声も上がりましたね...。

自信を取り戻すためにグリーンスリーブス
簡単かと思いきや。テンポが意外と早くてトレモロがうまく入らない
あわあわした感じにならず、流れるように弾きたいですね。
トレモロを細かくということでした。

次に、火祭りの踊り
私は二回目でしたが、なんだかこれは曲になってきてましたね(私は指入れ状態...)
指が入ったら、気持ちよく弾けそうです。
場面がどんどんかわってくかんじでおもしろいですね。

最後に、日本スケッチの3を初めだけ。
前回ひたすら日本スケッチをやったせいか、なんとなく落ち着いて弾けました。
周りのパートの音も、聞けるようになりたいです。

とりあえず、私はまだまだ、指入れの段階。
せっかく練習に来たのに、周りに合わせる余裕は皆無でした...。
自主練はなかなかできないのが現状...そんな人も多いのではないでしょうか。
そこで、来週に迫った合宿
ここで、指入れの段階を脱却したい
あー早く周りと合わせる楽しさを味わいたい...

そんなわけで、また来週会いましょう

【練習レポ(9)】よろしくどうぞ! byオオノ(2nd)


社会人になると中々、楽器の練習のための時間と場所を捻出することが叶わなくなりますね。このごろ特にそれを実感します。

時間が無いのは会社員の宿命なので仕方が無いとして、練習場所の方は由々しき問題です。

楽器の練習はけっこう音が出ます。防音性に優れたマンションや一軒家ならば良いのですが、全力でクシャミをすることも憚られるような賃貸アパートに住む人間にとっては悩ましき事です。

なので先日は楽器の練習のために初のヒトカラに挑戦してきました。それで思ったんですが、良いですね、カラオケ。閉鎖的な空間って集中できますし、疲れたら歌って気分転換も可能です。ドリンクバーなんかもあって、なかなか快適な感じです。お昼くらいから行ってフリータイムで弾きまくればお値段的にもリーズナブルです。

ただ、僕が行ったお店は大丈夫でしたが、時間帯や楽器の種類によってはマズイのかも。その辺りは事前にお店に確認するのが良いですね。
最近はそんなこんなで試行錯誤しながら練習しています。

自己紹介が遅れました。数回前からこちらの団体の練習に参加させて頂いているオオノと申します。担当パートは2ndです。
もともとは石川県の大学でマンドリンを嗜んでおり、マンドリンオケで演奏するのは実に2年ぶりくらいです。

さて、今回(5/10)の練習は指揮者1人、1st2人、2nd1人、ドラ1人、ギター1人という構成でした。聞くと、ギターの方が加わる練習はなかなか珍しいのだとか。
しかし、やっぱりギターがいると演奏が締まりますね。1曲目はPlanetariumを練習したのですが、ギター抜きでは成り立たない箇所も多いし、裏で刻んでくれてるとこんなにも弾きやすいのか!っていう場面も多かったです。


今回の練習ではPlanetarium火祭りの踊りスペイン組曲を重点的に練習しました。

中でも課題と感じたのは火祭りの踊りです。
各パートが違う動きをしながら絡み合い、輪唱のように掛けあう部分が多いと思うのですが、それはつまり自分のパートの役割をしっかり把握しておかねばならないということ。今回の練習では2ndが入るべきところで入れず、他のパートを惑わせてしまう、みたいな事になってしまいました。慣れれば絶対楽しい曲なんですけどね~。


練習後は、信大生御用達()のカレー屋さんにて夕食を頂きました。連れて行ってくださってありがとうございました

それでは、また

P.S.今回のおやつはこちらの京都みやげでしたごちそうさまでした