【練習レポ(12)】第3回Mando'RING'間近!! by くま(Bass)


久々に回ってきました、ブログ担当、Contrabassのくまです

というのも、冬眠から醒めて、練習に最近復活したからかも知れませんが・・・
冬は雪山に籠っているのでご無沙汰です。今後ともよろしくおねがいします。

さてさて、本日は人数少なめ、1st2人、2nd1人、Dola2人、Bass1人、そして指揮者先生の7人でこじんまりと練習を行いました。

最初はMando'RING'の練習をちょろっとやりました。
レザン様、駒ヶ根様、週末はよろしくお願いします。
また、このブログをみて「Mando'RING'ってなんじゃ!?」と思った一般の皆様もぜひぜひ顔を出してください。入場無料♪
詳細は下をみてね

そしてMando'RING'でやるよ、ということもあり、練習の中心はアイネクライネナハトムジークへ。
個人的には、弓使いに関して指示が、指示が、指示が、指示が、たくさんでました。私事ですみません。
あそこまでやると忙しいです。ただ面白いです。
きっとマンドリンの皆様なら、ピッキングのアップダウンなど、いつも気を使っている基礎練の部分かと思いますが、自由に使い分けるのは難しいですね。

ピッキングといえば、私なりに印象に残っている、指揮者様からのお言葉ですが、「曲の終わりとかで、デクレッシェンドに合わせてトレモロの速度まで落とさないでください」
と。
私は弾かないので聞き分けしかできませんが、確かに印象が違います。緊張感を持続させたいピアノのとか、大切なことですね。

あとはカノン幻想曲パヴァーヌをやりました。

カノンの縦が合わないと、苦笑が多かった気がします。軽やかなカノンを弾くためにイメージを変えなきゃならない方も多いのではないかと思うので、がんばれたらいいなと思います。私も緩いカノンになれているので、ねじを巻き直します。

雪が降ったりもしていますが、もう春!春ですよね!?ほんとに春ですよね!??
本番も迫ってまいりました!メンバーの皆さんは、友達が予定を入れちゃう前に宣伝、宣伝の時期が到来ですかね。
気合い入れていきましょう!

[編集後記]

ここでMando'RING'について宣伝を…

第3回マンドリンのわ~Mando'RING'~
日時:2013.4.27(土)13:00開演 ※12:30開場
会場:塩尻市市民交流センター(えんぱーく)3階多目的ホール
(地図はコチラ)
入場無料/途中入場及び退場可 ※係の指示に従って出入りして下さい。
お問合わせ:当ホームページのお問合わせからどうぞ。



♪出場団体♪※予定
・MandolinEnsembleかなでおん
・塩尻レザンマンドリーノ
・駒ヶ根マンドリーノ
他、デュオ、アンサンブルなどなど!!

Mando'RING'とは…

中南信地区のマンドリンクラブと、クラブの枠をこえて結成された小編成のアンサンブルによる、小さな発表会形式のコンサートです。

 マンドリン(Mandolin) 
   + 輪(Ring) 
      + 進行形「~している」(~ing)


をかけあわせたMando'RING'をコンセプトとし、マンドリン音楽を楽しんでいる人たちとの交流の場、切磋琢磨・研鑽の場となればいいなぁと思います。今年もおもいっきり楽しんじゃいましょう

----------------------------------

雪が降ったりと変な天気が続いてますが、みなさま体調等崩されませんように。
今週末はいよいよMando'RING'です。楽しんでいきましょう~~。

【練習レポ(11)】桜咲く~♪ by H.K(1st)


こんにちは。シーズン3にして、実はブログ当番初の1stのH.K.です。
今日は桜が満開練習場所である県の森公園も近くの薄川沿いの桜並木もそれは見事でした

さて、本日の練習曲のご紹介
・カノン
・プレリュード3
・弦セレ
・+α


・カノン
メリハリが大事ですね。上パートは16分以上のゆび入れが大変ですが、下パートにはまた違う苦行が用意されているらしいですねお互いを引き立てあって気持ち良い輪唱ができるといーなー。ところで、今までCanonだと思ってたこの曲、かなでおんバージョンではKanonという題名なんです…が…あえて?

・プレリュード3
いやー、お久しぶりでした。場面の切り替わり、ユニゾン部分など、アンサンブルとしての呼吸感を大切にしていきたいと思います。

・弦セレ
Allegroに入ってからのパート同士の掛け合いがちょっと理解できたかな?
この曲はアンサンブルで通しているとだんだん脳内麻薬がでてくる気がします。指入ってないけど、なんか楽しくなってくる


なんてやってるうちに、ここで愛知から、いつも素敵なKさん登場!

あるミッションを遂行されていきました。
しかし、聴く人がいると思って演奏すると音って変わるもんですね(^_−)−☆


では、新年度も始まって慌ただしい毎日ですが、演奏会にむけての練習も頑張ります。

[編集後記と写真コーナー]

初ブログ当番、いかがだったでしょうか(笑)
桜は咲いていたものの、まだまだ肌寒い中での練習でした。
久々に練習する曲があったりして、緊張感漂う練習になりましたね
一方前回に引き続きの弦セレ合宿(笑)、ようやく少しずつなれてきたかな~といったところでしょうか。
難曲なのでしっかり個人練習して合奏に臨みたいですね。

そうそう。
御指摘のあったカノンの表記ですが、英語表記では「Canon」、ドイツ語表記では「Kanon」となるようですよ。

あるミッション後みんなで。



【練習レポ(10)】本番までそろそろ折り返し by 指揮者


さてさて久しぶりに当番が回ってきました。指揮者の友成です。
いよいよ花粉症本格シーズンがやってきました。
たが、不思議と本番中にはいまだくしゃみが出たことはありません。なぜでしょう?

そんなことはどうでもよくて、まずは練習のレポートから。

今回の練習はまずチャイコの弦セレを本格的に取り組みました。
みなさんどうもこの曲難しいと思っているようです。
いやまあ難しいんですけど…。
それと最初の主題が有名すぎて、意外とそれ以降をあまりみなさん知らないのが影響してか、allegroに入ってからの音のひらべったさに苦笑…。ごめんネみんな一生懸命弾いているのに。
この曲はとにかく作業的でもとことん弾く必要がありますね。とりあえずみなさん体で覚えましょう。曲も長いけど全体図をまず把握しましょうね。

続いてメリアの平原
これもなぜか後半印象が薄いようなので、後半から詰めました。
これも極端に言うと、最初の速いの弾けば満足~みたいな(笑)。
今回特に注意したのは重音の弾き方。
重音が出た途端、今までの流れを壊してしまう勢いでドカーンと出てしまう。
もちろんそういうのをもある程度求めているのもあるけど、重音の低音部が大きすぎて旋律部分のつながりが消えてしまうのはよくないと思います。
これは私が個人レッスンを受けたとき、無伴奏の曲でよく言われたことです。
テクニック的には難しいですが、重音が出てきても今までの流れはリセットしないように気をつけましょうね。子どもっぽい演奏からの脱却です!

そしてゴリウォーグ
臨時記号の多さに最初はげんなりしていましたが、ようやく曲の中身に踏み込めたかんじかな?
いろいろ動きがあり愛嬌のある曲です。
理想を言えば、それぞれの音に瞬時にそれぞれが反応できるようなアンサンブルが出来れば面白いかなと思います。

さてさて、本番までそろそろ折り返しというところになっていますのでそろそろエンジンかけますよ。新年度を迎えて皆さん忙しいでしょうが、ちょっとひと時、仕事のことは忘れてリセット気分に練習を楽しんでいただけたらと思います。

たぶん次の練習も弦セレ中心になりますよ~。

[編集後記と写真コーナー]

さてさて、この日はみっちり弦楽セレナーデに取り組みましたね~~~
まだまだ弾くのに精一杯で曲調のことまでアタマ&指がまわらないのが悔しかったです
次回練習でもこの曲中心になるそうなので、しっかり予習して臨みたいところです。

それにしても、本番まで残すところあと4ヶ月となり、練習もそろそろ折り返し地点とは……
月日の経つのは早いもんです。
残りの練習も有意義なものになるようにしたいですね。

指揮者とコンマスでアンサンブルの練習


個人練習中の2ndのみなさん